ボートレーサー募集CM放映中(中村舞子Ver.)

ボートレーサー募集・WEB限定ロングバージョン(中村舞子Ver.)

ボートレーサーは、年齢や性別は一切関係なく実力がすべてのプロスポーツ。平均年収は約1,600万円。職業別平均年収を見ても高い水準だ。もちろんこれは平均年収だが、自分の頑張り次第で平均年収を大幅に越える賞金を獲得することができる魅力ある職業だ。
ちなみに、生涯獲得賞金最高額は約34億円(2015年現在)の松井繁(大阪出身)選手だ。

ボートレーサーの在籍年数は、他の競技に比べて際立って長い。年齢に関係なく活躍できる場が多いことが理由に上げられるだろう。

ボートレーサーは、レースの成績(勝率など)によって「A1」「A2」「B1」「B2」の4段階の階級に分けられている。最上級のA1級で、全レーサーの20%ほど。階級は毎年1月と7月の半年に1度更新され、この階級によって出場できるレースや日程が限定される。階級が上位のレーサーほどレースに出場する機会も増え、賞金の高いレースに出場できるのだ。

ボートレーサーへの道は、野球やサッカーなど他のプロスポーツと比べ門戸が大きく開かれている。まずは、日本で唯一のレーサー養成機関「やまと学校」に入学し1年間の訓練を受け、卒業すればプロとしてデビューすることが出来る。
応募資格は基本的な条件さえクリアしていれば、経験不問、学歴や職歴なども一切関係なく未経験から目指せるプロスポーツだ。第一線で活躍するレーサーでも、元々は知識や経験がなかった者がほとんどだ。

登録番号:4643  選手名:近江翔吾 選手

Q:ボートレーサーにはどんな人が向いていると思いますか?
A:負けず嫌いな人。
Q:ボートレーサーになったきっかけは何ですか?
A:中学3年の時にレースを観て。
Q:やまと学校時代の思い出を教えてください。
A:ボートに乗って初めて転覆したこと。

登録番号:4583  選手名:古田祐貴 選手

Q:ボートレーサーにはどんな人が向いていると思いますか?
A:自分の考えを持っている人。
Q:ボートレーサーになるために行ったことを教えてください。
A:筋トレをひたすらやりましたね。
Q:ボートレーサーになって、日々心がけていることは?
A:ファンの方が楽しめるレースをみせること。

登録番号:4459  選手名:片岡雅裕 選手

Q:ボートレーサーにはどんな人が向いていると思いますか?
A:向上心のある人。
Q:ボートレーサーになったきっかけは何ですか?
A:資格の本を見て知りました。
Q:やまと学校時代の思い出を教えてください。
A:初めてボートに乗った時の興奮。

登録番号:4387  選手名:平山智加 選手

Q:ボートレーサーにはどんな人が向いていると思いますか?
A:ボディバランスのある人。柔軟な考えができストイックな人。
Q:ボートレーサーになったきっかけは何ですか?
A:高校3年で進路に悩んでいる時に父に勧められた。
Q:やまと学校時代の思い出を教えてください。
A:植木さんと太田和美さんの講話。

登録番号:4030  選手名:森高一真 選手

Q:ボートレーサーにはどんな人が向いていると思いますか?
A:俺みたいな人。
Q:ボートレーサーになったきっかけは何ですか?
A:家が、ボートレース鳴門に近かった。
Q:ボートレーサーになって、感じることは?
A:勝てば大金をてにすることができる。

登録番号:3908  選手名:重成一人 選手

Q:ボートレーサーにはどんな人が向いていると思いますか?
A:勝負ごとを楽しめる人。
Q:ボートレーサーになったきっかけは何ですか?
A:父がボートレーサーだった。
Q:やまと学校時代の思い出を教えてください。
A:レーサーになるために必死で、思い出をつくる余裕は無かった。

応募にあたっては、以下の条件を全て満たしていることが必要です。

(1)年齢:15歳以上30歳未満(昭和61年4月2日~平成13年4月1日生まれ)
(2)学歴:入学日において中学校を卒業していること
(3)身長:175cm以下
(4)体重:男子47kg以上57kg以下、女子42kg以上50kg以下
(5)視力:両眼とも裸眼で0.8以上(コンタクト・フェイキックIOL「有水晶体内レンズ」手術は不可)
(6)弁色力:強度の色弱でないこと
(7)聴力その他の健康状態:選手養成訓練を行うのに支障のない者
(8)その他:禁錮以上の刑に処せられた者及びモーターボート競走法に違反して罰金以上の刑に処せられた者、成年被後見人又は被保佐人、選手養成訓練中に成績不良又は素行不良により養成を取りやめられた者、反社会的勢力との関係が疑われる等モーターボート競走の公正を害するおそれがあると認められるに足りる相当の理由のある者のいずれにも該当しない者

※一般試験には、ボートレース場が応募者数に応じて決定する『スポーツ推薦試験制度』が設けられています。受験申請書のスポーツ運動歴の記録内容をボートレース場毎に確認し、該当の有無を判断します。詳しくは、最寄りの支局・支部までお問い合わせください。

以下の●の条件に該当し、(1)~(8)の条件を満たしていることが必要です。
●平成25年4月2日以降に中学・高校・大学等におけるスポーツ活動において優れた実績を収めた者(対象競技は不問)